b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s - コピー - コピー

 

ぽつぽつとまるで毛穴の黒ずみのように出来てしまった埋没毛。

経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

私も埋没毛は経験があります。

 

今回はそんな埋没毛の原因やレーザー脱毛をすることでとれるのか、脱毛しても取れない場合はあるのかなどをご紹介していきます。

 

埋没毛はなぜできる?

40003bec15149aeef3d41658ecfa32eb_s - コピー

 

皮膚の下を這うように成長してしまう埋没毛はなぜできてしまうのかご存知ですか?

 

自己処理が原因

埋没毛は主に自己処理が原因でできてしまいます。

 

カミソリや毛抜きを使用して自己処理をすることでお肌に傷が出来てしまいかさぶたや角質などで毛穴が塞がってしまうことでできてしまいます。

 

普段自己処理で使用しているカミソリや毛抜きは意外とお肌に負担をかけてしまっているんですよ。

 

毛が途中で切れてしまうことが原因

毛が中途半端なところで切れてしまうと毛穴の奥で毛が伸び始める時に毛先が鋭くとがってしまっていた場合などに皮膚に突き刺さった状態で伸びてしまうことも埋没毛の原因になります。

 

毛が太い部分は埋没毛になりやすい

毛が太い部分は毛が抜けた後にしまった毛穴を、新しく伸びる毛がうまく通過できずに皮膚の中に残ってしまい埋没毛になってしまいます。

 

またVIOや脇などは毛根から毛穴までの距離が長いので、皮膚の下に埋もれやすいという特徴もあるようです。

 

レーザー脱毛でとれる?

79cb96bd692423aa3a93dc6e17bd318e_s - コピー

 

気になる埋没毛はレーザー脱毛をすることでとることはできるのでしょうか?

埋没毛が出来てしまうと自分ではなかなかとることは難しいですよね。

 

レーザー脱毛は埋没毛の改善には効果的なんです。

レーザーは皮膚も通過することができます。

 

皮膚の下に埋もれている埋没毛でもメラニンの黒い色を確認することが出来る程度の埋もれであればレーザーが到達することができるんです。

 

またレーザー脱毛をすることで自己処理をしなくなるので、埋もれていた埋没毛が自然と外に出てくるようになり埋没毛はなくなるとも言われています。

 

レーザー脱毛を行っている医療機関によっては埋没毛をあらかじめ殺菌消毒された器具を使用して表面に出してからレーザーを照射してくれるところもあるようです。

 

脱毛しても取れない場合はある?

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s - コピー - コピー

 

レーザー脱毛で改善される埋没毛ですが、脱毛をしても取れない場合はあるのでしょうか?

 

1回では取れないことも

埋没毛は1回のレーザー照射では改善できないこともあります。

レーザー脱毛自体数回通う必要があるので、通っているうちに改善されていく可能性があります。

 

埋没毛が皮膚の中に残る

埋没毛はレーザー照射をしても皮膚の外に落ちてくるわけではなく、皮膚の中に残ってしまいます。

皮膚の中に残った状態なので取れていないと感じることもあるかもしれません。

 

残ってしまった埋没毛は皮膚科などで取ってもらう必要があります。