脇 脱毛 レーザー 縮小版

 

レーザー脱毛は効果が高いイメージがある反面、やけどなどの肌トラブルが心配ではないですか。

レーザー脱毛でやけどをする方、しない方の違いは何なのでしょうか。

 

レーザー脱毛でやけどする理由

化粧水 美肌 縮小版

 

日焼け

レーザーの光は黒い場所に反応するようになっています。

つまり、お肌の色に対して黒い毛に集中してレーザーが反応するため、脱毛の効果を発揮するのです。

 

もしレーザー脱毛の前に日焼けをしてしまうと、脱毛の効果が出にくいだけでなく、日焼けによって増えたメラニン色素にも反応して、やけどをしてしまうことがあります。

 

レーザー脱毛前の日焼けはなるべく避けましょう。

 

ホクロやシミ

ホクロやシミの部分も、メラニン色素で黒くなっていますので、レーザーが反応してやけどをしてしまうことがあります。

 

ほとんどの場合は、ホクロやシミの部分にはレーザーを当てないことが多いようです。

 

ですが、希望があれば適切な出力レベルでホクロやシミの部分にもレーザーを当てて脱毛することはできるようです。

 

元々お肌が黒い

地黒の方はメラニン色素が多いため、レーザーの反応によりやけどしてしまうことがあるようです。

 

これは、元々地黒の人がレーザー脱毛に向いていないのではなく、レーザーの出力レベルがその方のお肌に合っていないと言った方が適切かもしれません。

 

一人ひとりの肌質や部位に合った出力レベルで脱毛を行ってくれるクリニックを選びましょう。

 

体調が悪い、お肌の調子が悪い

疲れている時やお肌の調子が悪い時などにレーザー脱毛を行うと、お肌がデリケートに反応しやすくなりますので、やけどしやすくなってしまうことがあるようです。

 

ちょっと調子が悪いな~と思った時はクリニックに相談しましょう。

もしかしたらその日はレーザー脱毛を行わず、体調が回復してから行うようすすめられるかもしれません。

 

 

やけどや跡の対処法

ef03310bf870c3af0c00e4fd5fd5c13b_s - コピー - コピー

 

やけどとまではいかなくても、レーザー脱毛の直後はお肌が少し赤くなったりヒリヒリ感があったりする場合があるようです。

 

正常な場合はこの症状は数時間でおさまるようです。

 

しかし、数時間でおさまらず症状がひどくなったり跡が残るようでしたら、自分の判断でいろんな対策を行ったりせず、クリニックに相談してその指示に従いましょう。

 

事前にレーザー脱毛を行うクリニックを選ぶ際にも、万が一やけどになってしまった場合にどのように対処してくれるのか、カウンセリングの時にきちんと説明してもらうことも大切です。

 

また、「自分は敏感肌だ。」、「アトピー性皮膚炎がある。」など気になることがあれば納得いくまで相談するようにしましょう。

そうすることによってやけどするリスクは減らすことができると思います。